チワワs in Ann Arbor
アメリカのミシガン州デトロイト近郊の街、アナーバーでの駐在生活。チワワのハナとマロのことや、日々の暮らしについて綴っています。ホームステイ&留学で培った英語力を活かして、地元密着型のアメリカ生活を送るのが好き。2009年1月、長女リサ誕生。

   
プロフィール

Emi

Author:Emi
* * * * * * * * * *
2006年8月から、
結婚して2度目の米国駐在中。
08年5月にKY州ルイビルから
MI州アナーバーへと
引っ越してきました。
チワワ2匹を連れて。

長年の不妊治療の末、
ルイビルでのIVFによって妊娠。
2009年1月、アナーバーにて無事に出産しました。

詳しいプロフィールは、カテゴリ内の
「自己紹介」をどうぞ。


2007年4月以前のブログは、こちら↓
過去ログ チワワ in Louisville



全記事タイトル一覧表

全タイトルを表示



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



*



アクセスカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エジプトに行ってきます


ここのところクリスマスパーティが立て続けにあって、新しい出会いなどもちらほら。



先日行ってきたのは、ESLで同じクラスの台湾人、マギーの家でのパーティ。

自分で会社をおこしたアメリカ人の旦那さんを持つマギーのお宅は







high ceiling





passionate






そいでもって、この旦那さんがめちゃくちゃ背が高くてカッコイイんだ、これが。

( 残念ながら写真はありません。 )




参加者は、私を含めて日本人が何人かと、ブラジル人、アルゼンチン人、

そしてアメリカ人の男性 ( マギーの家庭教師 ) 。



at the party







このあと、モンゴル人の女性 ( 朝青龍みたいな顔立ち・・・ではなく、と~って美人な方!

アメリカ人の旦那さんだって。 ) も合流しました。





ブラジル人のカミーラと。

ex classmate



イグアスの滝に行ったときにブラジル側を歩いたことでしか行ったことがない、

私たち夫婦にとっては憧れの地、ブラジル。

その国から来たカミーラは、アメリカ人のことを 「 真面目すぎてつまらない 」 と

表現していました。


そのアメリカ人たちよりも500倍くらいおとなしくて真面目なニッポン人の私としては

「 !!! 」 って感じの発言でしたが、旦那さんの職場での体験談が元になっている

らしいので、そりゃあ職場ではそんなにジョークばっかりも言ってられないから

じゃないかなぁ、私からするとアメリカ人って常に笑いをとることを考えてる人が

多いような気もするけど・・・・と言ってみたら、

「 私の国では、仕事中でも笑いが絶えない。 ちゃんとすることはしてるけどね。 」 とのこと。




at the party 2





ESLに通う楽しみの一つは、こうやっていろいろな国の人たちと出会って話せる、ということ。

先日も、タイ人と韓国人の子と3人でランチをとりましたが、

興味深い話をたくさん聞くことができたし。


もちろん、日本人の方々との新しい出会いも最近多くて、そして皆さん個性的で

一緒に話してて楽しい方たちばかりなんです。

そういう出会いをたくさんもたらしてくれた、このクリスマスシーズンに感謝です。



そんな中、 

「 Emi さん、もしかしてブログ書いてませんか? 」 ってきかれて  ドキ!

「 あ、バレちゃった? ^^; 」

「 いつも楽しく読ませてもらってます♪ 」 

え~、そうなの~? 嬉しい~! ありがとう。



* * *



クリスマス前最後のマージャンは、イーディス邸にて。

ジャン友の家の中では、私が一番好きなスタイルの素敵なお家です。




at edith's





作り物の木なんだけど、高さが3mくらいありそうなデカさ!





gigantic tree





今まで見たフェイクのツリーの中では一番大きなツリーかも。

背の高~い脚立か何かがないと、上のほうは絶対届かないよ。



オーナメントは、2人の子供たち ( 今は大学生と社会人 ) に小さい頃から

毎年1つずつ欲しいものを選ばせて、買ってあげてきたものなのだそうです。



ornaments




そういう、家族の歴史がぎっしりと詰まったツリーって素敵ですよね。




グランドピアノの上には、送られてきたクリスマスカードが並べられていました。

xmas cards



後ろの写真立ては、真ん中がイーディスの結婚式の写真。 

( セピア色が時代を物語ってますね。 ) 

その両端がお子さんたちの写真。






ゲスト用のバスルームに、かわいいキャンドルホルダーを発見。

candle holder




超ツボなんですけど~。

こっそり持って帰りたいくらいでした。




* * *




さて、今日のタイトルにありますように、明日からエジプトへ行ってきます。

9泊10日の旅。

大晦日の夜に帰ってきます。







don't leave us








うぅ~っ。

そんな涙目で見上げられると飼い主さん困っちゃう~。

でも一緒には連れて行けないから、さっき2匹をペットホテルに預けてきました。

許しておくれ~。








make sure









ピラミッド型のガムとかでよろしいでしょうか?   ( そんなものが果たしてあるのだろうか? )






私がエジプト滞在中にブログ更新が滞りますんで、その間、このハナまろの動画を

日々眺めていただけたらと思います。
















えっとそれから、過去にすでに登場させた動画なんですが、

私が、個人的には今までで最高傑作だと思っている動画を再び。

寂しい夜にはこれを見て笑っていただけたらと思います。



タイトルは 「 黒タピオカがくっついちゃった 」












それでは皆さん、楽しいクリスマスを!







*****北米ブログランキングに参加してます。 
下のバナーをクリックしていただけると清き1票になります☆


banner red











スポンサーサイト

イボンヌさんちのツリー


昨日のブログにアップした Dolfinger's でのお茶の後は

イボンヌさんちでのマージャンでした。



皆のお宅のツリーや、クリスマスの飾り付けを見るのを

この時期なによりも楽しみにしている私。


これがイボンヌさんちのツリー。

作り物の木だけど結構リアルに見えるでしょ、と言ってたけど、確かに。


tree




マージャン仲間4人のうち3人の家のツリーが artificial ( 人工の ) でした。

最近は、生の木は流行らないのかしら?

買ってくるのも、立てるのも一苦労だからかな。



ちなみに、生の木は屋外のあちこちで売られています。

例えば、10月にはカボチャ売り場だった近所の教会前の広場は

今 ↓ こんな感じの クリスマスツリー売り場 になっています。



trees for sale






さて、イボンヌさんちに戻って・・・


ツリーに飾ってあるオーナメントは、昔からちょっとずつ毎年買い足してきたものが

大半なんだけど、日本に住んでいたことのあるイボンヌさんらしい飾りが

いくつかありました。


例えば、 ↓ 帯で作られた松ぼっくり。


obi pine cone







それから、ツリーの奥の方に、どこかで見たことのあるような物体が横たわっていました。


unique ornament




これって、ご祝儀袋!

日本で買ったものだそうです。

とっても綺麗だし、色もクリスマスカラーだからぴったりでしょう? って。

前々からイボンヌさん、日本のご祝儀袋が気に入っていると言ってたけど

まさかツリーの飾りつけに使っているとは知らなかったわ。




暖炉は ↓ こんな感じ。

mantel





靴下に付いてる家族全員の名前は、昔イボンヌさんがクロスステッチでやったのだそう。

小さな小さな靴下は、愛犬のジガー用。   かわいい!

こういうのを、うちのハナまろにも買ってあげたいのよね~。


cross stitched







それと、サンタさんへのクッキーを置くお皿と、ミルクを入れておくマグカップ。


for santa




アメリカでは、クリスマスイブに煙突から入ってくる ( と子供たちは信じている ) 

サンタさんのために、暖炉にクッキーとミルクを置いておく、という風習があります。

一緒に来るトナカイのために、ニンジンを置いておくという家もあります。


イボンヌさんちの子供たち2人は、もう高校・大学生だからさすがにやってないけど、

このお皿と、年季の入ったマグカップ ( 旦那さんが小さい頃に使っていたのだそう! ) で

昔はちゃんと置いていたのだそうです。





そして、イボンヌ邸での番外編ツリー。

japanese xmas tree



家にお邪魔するなり 「 Emi に是非見てもらいたかったのよ~ 」 と見せられた

イボンヌさん曰く ジャパニーズ クリスマスツリー 。




日本にいた頃あちこちで買ったという、お土産品のキーホルダーや小さな飾り物を

オーナメントみたいに使ってあります。

( 土台の、枝で出来たツリーはアメリカで購入したもの。 )


japanese xmas tree2





てっぺんに乗せてあるのは お正月飾り! 

「 これは New year 用の物だと知ってるんだけど、ピッタリだから使ってるの。

変なアメリカ人だと笑っていいわよ。 」

と言われたけど、いえいえ、笑うなんてとんでもない。

まるで ツリーのてっぺんに飾る星や天使などのような役目をしっかりと果たしていて

なかなか素敵ですよ。

日本人にはなかなか無い発想が、見てておもしろいんですよね。




そしてこの日は、プレゼントを持ち寄って皆に配りあおう、ということになっていたので

皆からいろんなものをもらいました。




カレンからは、紅茶とチョコレート。

from Karen





リンダからは、チョコがけのピーカンナッツ、イーディスからは、ロウソクを持って歩くためのもの。

from Edith and Linda






イボンヌさんからは、どこで買ったのか? 日本風な入れ物と、中にはメレンゲのお菓子。

from Yvonne





( 日本語表記の場合、どうしてもイボンヌさんだけは 「 さん 」 付けで

呼んでしまうのよね。 英語で話しているときはもちろん ファーストネームのみ だけど。

これは、私が以前東京で働いていたときに、香港の取引先にイボンヌさんという方がいて

彼女は日本での留学経験があるため日本語が堪能な方だったので、仕事ではいつも

日本語で会話してたんですね。

その時にいつも イボンヌさん、イボンヌさんと呼んでいたからだと思われます、ハイ。 )






んで、私から皆へのプレゼントは・・・

Pier 1 imports で買った、1個10ドルのキラキラしたかわいい箱


box







その中に、手作りのお菓子、フロランティーヌを


homemade cookies






入れて渡そうと思ったのに、フロランティーヌをぶ厚く作りすぎてしまったせいで

箱に入れてもフタがしまらなかった・・・・・仕方なく別々に渡しました。














you so stupid









< 今日の英語 >



three-legged flight ( スリー レゲッド フライト )


マージャン仲間のイーディスが言ってた言葉。

「 夫の出張が three-legged flight だった 」 というので

3本足のフライト???   ・・・て何? と聞いたら、

目的地に着くまで3回飛行機に乗ること ( 2回乗り換えをすること ) だそうです。

なるほど。 よく考えたらわかることだった。


でも、直後にイボンヌさんが 「 ほんと英語って我ながら変な表現が多いわねぇ。 」 だって。


私が質問することで、普段何気なく話している自分の国の言葉の 意外な側面 を

発見することがあるからおもしろい。 どんどん質問してね~、と言ってくれました。

ありがたいことです。 






*****北米ブログランキングに参加してます。

banner red


50位以内に残れるかな?









High tea at Dolfinger's


xmas is around the corner



去年のクリスマスのハナぴ~は、こんな感じでした   → 「 初めてのクリスマス 」



*':. ★ .*:"




マージャン仲間と一緒に、素敵なティータイムを過ごしてきましたよ。

Dolfinger's ( ドルフィンガーズ ) というお店にて。


dolfinger's




この近くにある靴屋さんとかインテリアショップには入ったことあったのに、

Dolfinger's というお店の存在には気付きませんでした。   こんなに大きいのに・・・。



このお店、一見普通の・・っていうかちょっと高級志向な品物が中心に置いてある

セレクトショップっていう感じ。


dolfinger's 2


dolfinger's 3


dolfinger's 4





季節柄、クリスマスグッズもたくさん売られていましたが、その中に

ちょうちん型のオーナメントを発見。


dolfinger's 5



ガラス製だから高いのわかるけど、それにしても


45 bucks!



1つ  45ドル   ってどういうことよ!   絶対売れないと思いますけど。





まぁ、とにかく、一見普通の高級志向インテリア雑貨屋さんて感じなんですが

奥にあるカーテンの向こうには、なんとティールームがあるんですね!









tea room





テーブルが6~7つくらいしかないような狭い場所なんだけど、隠れ家的な雰囲気が

これまたいい感じ~!



あるのは月替わりのコースメニューだけ。

スープ、スコーン、サンドイッチなどのフィンガーフード、デザート、そして 

5種類のお茶・紅茶 ( ティーバッグではなくちゃんと葉っぱ! しかも飲みたい放題! ) 

が付いて20ドル。  悪くないですよね。



この日のスープは、カリフラワーのクリームスープでした。

とってもクリーミーで、それでいてしつこすぎず美味しかったです。



そしてその後、温かいスコーンが登場。


scones




この春にロンドンに行ったときに食べた、友人手作りのスコーンには及びませんでしたが

なかなかのお味。

しかも、一緒に付いてきた デヴォンシャークリーム と クランベリージャムが 

( もうちょっとカワイイ器に入って出てきたらよかったんだけど~ )

美味しかったのでかなり満足でした。




tea room 2


カレンのママと、イーディスのママ ( 写真右から2番目。 フランス人。 ) も一緒。




スコーンの後に出てきたのは、 ↓ こういうの。


tea room 3


下の段 : スモークサーモン、 ローストビーフのサンドイッチ、 ハーブタルト

上の段 : クランベリー・バー、 チョコレート・ショートブレッド





いや~、どれもこれも美味しい!

そしてこの間、5種類の紅茶・お茶が飲みたい放題なんですよ。

今月の5種類は次の通りでした。

Black ( 紅茶 ) : Christmas in a Cup
White ( 白茶 ) : Snow Buds
Green ( 緑茶 ) : Gunpowder
Oolong ( ウーロン茶 ) : Iron Goddess of Mercy
Herbal ( ハーブティー ) : Ginger Ornage


全部飲んでみたけど、 紅茶が一番美味しかったかな~。

白茶は、かーなり薄くだしてて味がほとんどしなかった・・・。




tea room 3


先日のファッションショーで着たようなジャンパースカートが、T.J. Maxx で

赤札の16ドルで売られていたので、遊びのつもりで購入。

あの時と同じように黒いロングブーツと合わせて行ったら、皆から大好評。

思わずまたなんちゃってモデルポーズをしたら拍手喝采でした ( 笑 ) 。




え~、そして最後にケーキが出て、満腹になったところでお開き。

ウェイトレスの人たちがテーブルまで運んできてくれるにも関わらず

サービス料は込みだからチップは払わなくていいとのこと!

ますます気に入ったぞ~。



A Tea Room at Dolfinger's

Wednesdays and Fridays at 11am
Saturdays at 2pm
$20.00

Reservations are required.
Call 895-3756




< 今日のハナまろ >



ぐるぐる回って、かみつきあって遊んでいます。

















2 chi together








< 今日の英語 >

聞くとわかるけど、自分ではなかなか口を付いて出てこない単語。


spontaneous ( スポンテイニアス )


辞書だと 「 自発的な 」 とか書いてあるけど、先日話したアメリカ人のご夫婦は

ある友人夫婦を指して 

「 彼らは、 ” ( パーティやコンサートなどに ) 誘うとすぐにのってきてくれる ” 」 

という意味合いで They are very spontaneous. と言っていました。


似たような意味の日本語で 「 打てば響く 」 ってのもあるけど、場合によっては

そういう意味にもなるかしら。







*****北米ブログランキングに参加してます。

banner red


一瞬だけ42位まで上がって嬉しいです。







クリスマスカード


手が痛い・・・。

というのは、日本出張に出発する前の旦那さんから受けた

「 約80枚のクリスマスカードの宛て名書き 」 という任務を果たしたからです。


日本の年賀状の宛名書きは、パソコンの発達で機械任せな人が増えてきましたよね。

こちらアメリカでは、そりゃやろうと思えばできるんだろうけど

印刷された宛て名書きでクリスマスカードを受け取ったことが、私は今まで一度もありません。

( もしかしたら1人くらいはいたかも? )

そんなアナログ感覚なところが、私は気に入ってますけどね。




with my help






メール中心で、手紙を書くことがなくなってしまった今の時代、1年に一度くらいは

心を込めて相手の宛て名を手書きで書くのもまたいいものなのではないかと思うので。

( もちろん、多忙な方は文明の利器を使って出来た時間を他にまわさなきゃ損・損。

機械まかせに反対しているわけではありません。 ) 



そんなアナログなアメリカでも、さすがに自分の住所と名前を何十通も書き続けるのには

抵抗があるようで、我が家もこのようなシールを購入し活用させていただてます。




address sticker





何百種類もあって、気に入った図柄が選べるようになってます。

自分の名前と住所が入ったこのシールをペタペタと貼っていけば、楽チン!

・・・しかし、去年も使ったこのシール。

今年ももつだろうと思っていたら、全然足りなかった!

というわけで、約50枚は自分の住所まで手書きせざるを得ず、いつも以上に

手が痛くなったというわけ。



ちなみに今年の我が家のクリスマスカードは


こんな感じ。
xmas card




実際に受け取る人は、前もって知っちゃったらつまんないと思うので

デザイン部分を隠しておきました。

これは写真屋さんに置いてあるデジカメプリントの機械でカンタンに注文することが

できるもので ( ネットでもオーダー可能 ) デザインも多種多様。

我が家ではここ何年もず~~~~っと利用させてもらってます・・・が、

なんだかだんだん味気なく感じるようになってきてしまった、今日この頃。

自分が受け取って嬉しいのって、やっぱり見開きの、昔ながらのカードタイプ。

しかも素敵なデザインだったりすると、真っ先に飾りたくなったりして。

どれにするかいろんなお店をまわって選ぶのも楽しいしね。

来年は、カードらしいカードにしようかな。 



そして毎年のお楽しみ、クリスマス用の切手。

今年のデザインは ↓ これでした。


xmas stamps 07




写真だとわかりづらいけど、セーターの網目みたいになっているんですよ。

とってもほのぼのしててカワイイです。





ところで、私に任務を命じていた旦那さんが、昨日の日曜日の夜に

日本出張から帰ってきました。 お疲れ様でした。

旦那さんが玄関から入ってきたときの、ハナまろの様子は・・・














he's back!








なんなのよ~、その喜び様はっ!

自分の時とのあまりの違いに、かなりムッとしてしまった器の小さなアタシでした。  ぷんぷん!

「 俺は1週間だけ、 Emi は3週間も離れていたから・・・ただそれだけだよ 」 

と旦那になぐさめられたけどさ~。





忙しい出張の合間を縫って日本で買ってきてくれた、ハナまろへのお土産。

それは、ハナぴ~が待ち焦がれていた ガム!




it's been a long time





以前に買っていた WHOLEFOODS で売り切れていて、なかなか同じようなものを

みつけられなかったんで、日本で買ってきてもらいました。

日本製のほうが身体にも優しそうだし?!





it's been forever






ものすご~く久しぶりだったせいか、それとも日本のガムは美味しいのか

夢中になってカミカミ食べるハナぴ~。

あっという間に1人で1本たいらげてしまいました。


一方、同じガムを与えたマロは・・・・




旦那さんの荷物をあさるほうが楽しいみたいで。

help you unpack





どうやら、ハナぴ~のように両手を使って上手にガムを食べることができずに

放棄してしまったらしい。

特に短くなってくると、それが難しいのでね。


そこで、抱っこしてガムを持っててあげたら



keep that in position




食べた。

しかも、ちゃんと手をそえちゃって、かわい~じゃないのよ、あんた!





時には手を離し
hands off


懐かしい 「 フォー! 」 みたいだわ。





今朝も、ウンティッティをシートから外れたところに3つも落としてくれちゃった

こんにゃろめマロだけど、こういうところはカワイイのでした。







< 今日の英語 >

ESLの授業で使った教科書の中に、ロンドンで見かけた回転寿司屋さん 「 Yo! Sushi 」

( ヨースシ ) のことが出てたんです。

( kyoi 、懐かしいでしょ?! 私もビックリしたよ。 )

でも、その文章だけだと、回転寿司ってことは何も書いてなくてどんな感じなのか

わからなかったから、その次の授業のときに写真を持って行って ( ガトウィック空港にあった

Yo! Sushi を写真に撮っていた私・・・ ) 先生に見せながら説明。

「 これは英語かどうかわからないんだけど、ベルトコンベイヤーみたいなのに乗って

回っているんです。 」

と言ったら、ベルトコンベイヤー ではなくて、 コンベイヤーベルト だと教えてくれました。

conveyer belt  ね。




カタカナ英語って ほんとに厄介!







*****北米ブログランキングに参加してます。

banner red












絵付けしてプレゼントしたお皿


久しぶりにチャイナペインティングの作品ネタです。


先月日本に一時帰国した際に、ちょうどお誕生日を迎えた大学時代からの友人に

自分で絵付けしてプレゼントしたのが、このお皿。



red berries




10月にNYへ健康診断に行ったときに立ち寄ったお気に入りのお店、 Crate&Barrel で

購入した真っ白な中くらいの角皿に、自分で絵付けをしました。




red berries 2




絵柄は、お気に入りの水彩植物画家、外山康雄さんの本から拝借して

少しデザインを変えたもの。


「 もったいなくて使えない 」 とその友人は言ってるけど、使ってもらったほうが嬉しいよ^^。

でも、ホントは絵を中心に描くのじゃなくて、周りに配置するデザインのほうがよかったよね? 
そのほうが、お皿に何かのせても絵がちゃんと見えるから。

完成してからちょっぴり後悔しました。

使いにくい絵の描き方しちゃってごめんね。




で、このときの反省をいかして次に仕上げたのが、先日結婚した弟夫妻に

結婚祝いとしてプレゼントしたこのお皿。



wild berries




私は、結婚式当日までお嫁さんに会ったことがありませんでした。

何か塗ってプレゼントしたいというのは前々から考えていたのだけど、

実際にお会いして雰囲気をわかってから、どの絵を塗るか決めたかったので

ルイビルに帰ってきたあとに着手しました。





wild berries






これも、外山康雄さんの画集からの抜粋です。


私が日本からルイビルに帰ってきたのが11月21日。

そして、旦那さんが再び日本へ出張に出ることになっていたのが12月8日。

日本で弟に会って手渡してくれるというので、旦那さん出発までの2週間で、

大急ぎで仕上げました。





wild berries






器は、今回の日本滞在中に300円ショップで見つけた使いやすそうな だ円皿。

旦那さんが、先日13日(木)に弟夫婦に会って手渡してくれたはずです。

気に入ってもらえてたらいいなぁ。





< 今日のハナまろ >


暖炉に吊るす靴下で、2匹用にいいのがないかと探していたところ

ペットショップで売れ残っていた1つを見つけました。

( 本当は1匹に1個欲しかったんだけどね~。 )




stocking for the dogs










that pattern is


たしかに・・・。





靴下の中には、2人にそれぞれ2つずつ ( といっても実際はどれが誰の・・とかは

全く関係なくなるんですけど )  ってことで、ピコピコ鳴るおもちゃが4つ入ってます。




squeaky toys








want chick and bear






人生、なかなか自分の思い通りにはいかないものよ、ハナぴ~。







< 今日の英語 >


ESLで習って、長年の胸のつかえが取れたこと。

それは

would を used to ( かつて ~していた ) の代わりに使える ということ!



アメリカ人の人がたまに、過去の話をしているときに  I'd ( I would ) と言って

would を入れてしゃべっていたのだけど、仮定法みたいに仮にこうだとしたら・・・っていう

内容の話じゃないのに 何でなんだろう? ってずっと不思議に思っていたんです。

おぉ~、used to の意味だったのかぁ!  と、本当に目からウロコ。 気分爽快。

先生、ありがとう!



* 例文

I'd ( I would ) go to Crate&Barrel often when I lived in NY.

NYに住んでいた頃は、よくクレイト&バレルに行ったものでした。


( んで、 would を used to に置き換えて言ってもオッケー てこと。 )



ただし注意事項があって、

1) ステータス   2) 所有   3) 場所

を表す内容の文章の場合は、必ず used to を使わなくてはいけないのだそうです。


1) I used to be the president of the United States.

2) I used to own a cat.

3) I used to live in Cleveland.


これらは、 used to を would にして言うことはできません、てこと。




もしかして日本の学校で昔習っていたのかもしれないけど、そんなのす~~~っかり

忘れちゃって、ずっと 「 なんでだろ~? 」 と悩んでいました。

はー、すっきり♪




*****北米ブログランキングに参加してます。

banner red










Ugly Holiday Sweater Party


先週の金曜の夜に、仕事で遅い旦那さんを置いて1人で行ってきた、

ケイティ宅でのクリスマスパーティー。



本物のもみの木のツリー。 やっぱりいい香り。
xmas party




お誘いのメールのタイトルが  " Ugly Holiday Sweater Party " で、

こう書かれていました。

Please arrive wearing the ugliest holiday sweater you can find.

「 可能な限り醜いホリデーセーターを着てきてください 」  ってこと。


ugly ( アグリー ) とは、醜いとか、かっこ悪いとかの意味ですが

アグリーなホリデーセーター とは  ↓ こういうの。





ugly holiday sweaters






クリスマスシーズンになると、年配のローセンスなおばちゃんたちや

かわいらしいおばあちゃまたちがお召しになる、雪だるまやサンタクロース満載の

セーターのことなんですね~。

若い人たちからすると アグリー ってことなんですね~。



んで、そんなもん持ってなかった私はウォルマートへ GO!

どうせ今回だけしか着ないんだから、一番安いのがいいや、てことで





これを買いました。
my ugly sweater



うぉ~、 アグリ~。

ポインセチアと、赤い鳥 ( カーディナル ) がまぶしい!




一番アグリーなセーター ( あるいはベスト ) を着てきた人には賞品が出ます、と

書いてあったせいか、みんな張り切ってすごいの着てきてます。


同じ会社に勤める旦那を持つ妻たち。
who's wearing the ugliest?


写真 一番右が、昨日のブログに名前を出した新しい友だち、ジル。

その隣が、このパーティの主催者 ケイティ。

その隣がデニス。



このパーティで、私が初めて味わったもの。

それは、 ジェローショット です。

jello shots




これが、アメリカのドラマや映画などでよく見かけた あれ かぁ。

Jello というのは、アメリカのゼリーの素。

日本でいう ゼリエース みたいなものなんですね。

粉で売られててお湯と水を加えて作るのだけど、水の代わりにお酒を加えて作ったのが

このジェローショット。



pom jello shot




いろんなフレーバーがあったけど、私はこのザクロのお酒が入ったのがお気に入り。

お酒がけっこう入ってるから強いんだけど、美味しくって5個も食べてしまった!   

( どーりで酔っ払ったわけだ。 )

若者が集まるパーティでは欠かせないものみたいですね。



みんなガンガン食べてる・・・・っていうか飲み込んでる。
jello shots everyone




ジェローショットを5個食べて、シャンパンも2杯飲んだから 気分は上々。

20人以上が参加してる中で、知ってる人といったら ケイティ夫妻、デニス夫妻、

あと、ジルだけだったのに楽しく過ごせてしまったのは、やっぱりお酒の力かしらね?



having fun


写真一番左が、ケイティの旦那さん。 

一見普通の格好だけど、インナーが笑えるくらいかわいいの。 

赤いリボンやら杖型のキャンディやらがついちゃっててね~。


写真一番右が、ジルの旦那さん。 

こんなセーター着せられちゃって、なんだか恥ずかしそう。




酔っ払ってるのか、ちょっと笑いすぎ? な私。
3 smily faces



( 大丈夫、ちゃんと酔いを醒ましてから車を運転して帰りました。 )



で、気になる 最優秀アグリー賞は・・・・・





( ドラムロール )




皆からの投票で、ダントツでした・・・・・






この方です!








the ugliest sweater


( 彼の手の動き、怪しいですけど・・・そうです、こう言っているんです。

「 来年は、両方にこうやってライトを付けて チ○ビ にしてこようかなぁ 」 )



アグリーというよりかは、アイデア賞って感じだけどね^^。

ツリーが描かれたセーターに、豆ライトをホチキスとテープで貼り付けたのだそうです。

電池がポケットにちゃんと入っていました ( 笑 ) 。





毎年恒例にするつもりらしい、この Ugly holiday sweater party 。

来年は私も 最っ悪のセーターをみつけて、栄冠の座を手に入れようかしら?






< 今日のハナまろ >


クリスマスっぽい首輪を買ってみました。


new collar





holiday collar





holiday collar 2





2匹とも毛がもじゃもじゃだから、せっかくのかわいいお花が見えない・・・。





< 今日の英語 >

すいません、最近ちょっとネタ切れなので、ケイティからの Ugly holiday sweater party

( 略して UHSP・・・・・ウソ。 ) へのお誘いメールの中から

1文を抜粋させていただき、今日はお開きにしたいと思います。




We have plenty of room for everyone to crash at our place, so plan on
getting wasted.



皆が酔い潰れても大丈夫なくらいのスペース ( ゲストルームなど ) が

家にはあるので、ベロベロに酔っ払っちゃうつもりでいてね。




私は夜10時でおいとましましたが、まだあと12~3人くらい残っていたので

彼らの中の何人かは、きっと酔い潰れてケイティ宅に泊まったに違いありません。






*****北米ブログランキングに参加してます。

banner red


ふ~、やっとこさ100以内に戻ってきたよ。





久しぶりの動画


動画の前に、先月撮った写真をいくつかアップします。


まずは、私が日本から帰国した翌々日に、サンクスギビング休暇を利用して

お隣の州オハイオから車で来てくれた友人の oldmoonちゃんファミリー。

2人の男の子がいるのだけど、子供が苦手なハナまろは2人から逃げまくり、

そして2人にむかって吠えっぱなしでした。  ( ほんっとゴメンよ~ )




おやつで つっても来ない・・・。
treat?





2泊していってくれたので、最後のほうはハナが少しなつくようになりました。


give me that






he won't?




マロは、やっぱり内弁慶ですね~。 結局最後までほとんどダメでした。

なでられそうになると、カプっとかみついちゃったり・・・・。  あ~、ほんとゴメン。



彼女のブログでも、我が家訪問記を写真付きで書いてくれているので

もしよかったら遊びにいってみてください。

サイトは  → コチラ





えーっとそれから、日本出発のちょっと前に家に初めて遊びに来てくれた ジル という女の子。

26歳くらいだったかなぁ?

Newcomers Club の友人 デニス の紹介で知り合いました。

旦那さんと二人暮らしのジルが飼っているワンコが Harley ( ハーリー ) ♀ です。


with harley




めずらしくハナまろが近づいていって、クンクンとご挨拶。

この後、マロなんて一緒に追いかけごっこなんてしちゃって!

びっくりでした。

体のサイズが近いのが良かったのかな?

Harley もおとなしめのワンコだったしね。




それから別の友人 ケイティ が、現在飼ってる大きな犬2匹に加えて

また新しくワンコを買ったというので会いに行ってきました。

グレート・ピレニーズ という、小さな頃からずっと憧れ続けていたワンコなんだそうです。



annie




これで生後5ヶ月だって。    でか!


そうそう、女の子で名前は アニー です。



生後5ヶ月で、すでにお兄ちゃん犬であるイエローラブ ( 成犬 ) よりもこんなに大きいのだ。
with stanley




まだまだあと15キロくらいは大きくなるらしい・・・・・。

でも、体はデカくても心優しい、甘えん坊な犬種なんだって。

そういわれてみると、常になでてほしいらしくて催促しっぱなしだし

人見知りは全くしないし、ギューっと抱きしめてウニウニってしても

な~んにも言わないの。

・・・確かにかわいいんだわ、これが。


そのうちハナまろを連れてきて会わせようっと ( 笑 ) 。



* * *


今日、実は今年最後のESLの授業でした。

再開するのは1月14日。

まるまる1ヶ月もお休みになっちゃうなんて、ちょっと寂しいな~。



最終授業は1時間半で終了。

残りの1時間は ポットラック パーティ ( 参加者が食べ物を持ち寄って開くパーティ ) !

私は、困ったときのこれ頼み・・・てことで、またもやカリフォルニアロール。



california rolls


下からのぞきこんでるハナぴ~が おっかしいでしょ。



クラスメートにはイスラム教の人が何人かいて、豚肉を食べちゃいけないことになってる

らしいので、カニカマ入りの巻き寿司なら絶対に大丈夫だろうと。

( 今回は冷蔵庫に余っていたスモークサーモン巻きも作ってみました。 )


この方たち、すごく厳しく食生活を自制していて、先生からハロウィンにもらった

チョコレート菓子とかキャンディーも  「 豚の脂が使われているから食べられない 」 と

断っていたくらい。

ふ~む、私の知らないこと ・ 知らない世界って たーくさんあるんだなぁ、と思い知らされます。




お待たせしました、 久しぶりの動画です。

机の上のお寿司が欲しくて 「 ちょうだいちょうだい 」 をするマロ。

今回は短いのの連発だけど、かなり長い間立ったままずっとやっている時もあるんですよ。


再生ボタンは、左下にあります。  ( かなり小さいです。 )












それにしても、今日の授業では全員が1人ずつ ( あるいは同じ国の人同士が何人かで )

前に出て

「 自分の国でどのようにクリスマスとお正月を祝うか 」 を

発表しなくてはいけなかったのだけど、今日行って突然言われたので

考える時間が5分くらいしかなく、なんだか心残りなプレゼンテーションになってしまった。


家に帰ってから 「 ああ言えばよかった、 これも説明すればよかった 」  と、

しばらく悶々と自己反省をしてしまいました。

話ベタだなぁ、私・・・ってつくづく思います。






*****北米ブログランキングに参加してます。

banner red


ふ~、やっとこさ100以内に戻ってきたよ。






マージャン @ カフェ


日本から帰ってきた翌週から、また毎週マージャンの集いに参加してます。

先日は、リンダの提案により とあるカフェでプレイしました。

Bardstown Rd. 沿いにある、 ↓ こんなファンキーな看板のお店。


ray's monkey cafe




中に入るとすぐ目につくのが、私の背よりもずっとずっと高い

巨大なコーヒー焙煎マシーン。

coffee roaster





このカフェ、ものすごくたくさんの種類のコーヒーがあって、しかもすごく丁寧にいれてくれるの。

コーヒーだけじゃなくて紅茶も充実してました。



で、小さなお子様連れにはきっと喜ばれる キッズコーナーもあり

for kids




お店の奥には、寄せ集めとしか思えない 種類も柄もばらばらなソファが

無造作に並んでます。  

まるで普通の家?   ( ちょっとセンス悪い家・・・? )

couches




そのさらに奥のテーブルで、この日の参加者3人がマージャンを楽しみました。

mahjongg



リンダが前もってこのカフェのご主人にきいてみたところ、

何をやってもいつまでいてもいいよ、って言ってくれたらしい。

マージャンという、混ぜるときに ジャラジャラ とうるさい音がしちゃうゲームなんだけど

本当にいいの? ってきいても、オッケーだったんだそうです。

なんて寛大なの~。




私は最初に カフェ・モカ を頼み、この時はアールグレイの紅茶を飲んでました。

嬉しいことに、テーブルまで運んできてくれるんですよ~。

それにしても、紅茶の出され方がおもしろい。


tea on sushi board



・・・これって、普通 お寿司 がのっかってくるもんですよね?!

なんだかなぁ、って感じだけど、でも、見てください。

紅茶がちゃんと 葉っぱ で出てきてるんです!!!

( アメリカでは、ほっとんどのお店がティーバッグですから。 )


美味しかったですよ~。



ちなみに、左下にある 『 カエルのミニ風呂敷 』 は、私からの日本のお土産。

いろんな柄のを買っていった中で、イボンヌさんがカエルのを選びました。




そして、先週のマージャンは、リンダ邸にて。

アトランタに引っ越してしまったキャシー以外の5人全員が揃いました。


リンダの家のクリスマスツリーは  ↓ こんな感じ。

tree at linda's




やっぱり家中がクリスマスの飾りつけだったんだけど、

その中で私が一番かわいいな~と思ったのが   ↓ これ。

beaded tree



ビーズでできてるツリーなんです。

欲しくなっちゃったよ~。




< 今日のハナまろ >


ささみ食べ中。
treat



うまうま。
treat 2


ちなみに、私の手作りではありません。

costco で大量に安く買えるのでねぇ・・・。



treat 3










more






< 今日の英語 >


ネタがあんまりないので超カンタンなことで恐縮ですが。


ESL で love という動詞は進行形にしてはいけないと習いました。

そこで先生に

「 マクドナルドのCMでは " I'm lovin' it. " って堂々と言ってますけど? 」 

と質問すると、あれは間違った、悪い英語だから真似しないように!

とのことでした。

「 日本のテレビCMでも、まったく同じように言ってますよ~。 」

と言うと、先生、頭かかえてた ( 笑 ) 。


強烈なインパクトを与えるために生み出された造語 ( 造文章 ) なので

特に受験生の皆さん、絶対に真似しないように。




*****北米ブログランキングに参加してます。

banner red


なんとか130位くらいまで復活。






ブログ復活

皆様、ご心配をおかけしました。

私が日本に滞在中、我が家のパソコンがぶっ壊れまして今日までずっと修理に

出していたため、ブログ更新ができませんでした。



hannah




11月21日に無事ルイビルに戻ってきまして、ハナぴ~&マロとの再会を

それはそれは楽しみに、家の玄関を開けたわけです。

喜んで飛びついてきてくれるかと思いきや、2匹そろって後ずさりしながら

吠えまくりですよ。 まるで不審者のような扱い。




mahllo





3週間会わなかっただけで、そこまで完全に忘れてしまうのか、アンタたちはっ!

とガックリしながら家の中に入り、ひざまずいて 「 ハナぴ~、マロ~ぉ 」 と

声をかけ続けると、へっぴり腰ながらもまずハナが近づいてきてくれて、

匂いをかいだら 「 ハッ! 」 と思い出したらしく、膝の上にのっかって

狂ったように私の顔を舐めてくれました。


一方マロは、15分くらいずっと遠くから吠え続けていましたね。  


日本から先にルイビルに帰ってきた旦那さんが、ペットホテルに2匹を迎えに行き

その後私が帰ってくるまでの2週間、ずっと1人+2匹で何不自由なく暮らしていたから

私のことをこんな風に忘れてしまったんでしょうね。

でもでも、やっぱりちょっぴり傷ついたぞ・・・。




tail got fluffy




さてさて、ルイビルに帰ってきてから早2週間以上が経ったわけで、

いろいろとありましたが 何はさておき今はクリスマスシーズン真っ最中!

日本でもきっとあちこちで綺麗なイルミネーションが輝いていることでしょう。


我が家も12月に入ってすぐにツリーを出しました。


xmas tree



・・・といっても、ここ5年くらいず~~~~っとほぼ同じ飾りつけ。

いい加減ちょっと飽きてきたので、来年は何か変化をつけたいなぁ、と思った今日この頃。

あ、でもでも今年新しく買ったものも少しだけだけどあります!

てっぺんの星と ( T.J. MAXX で 12ドルでした! ) 、 貝殻で出来てるオーナメント ↓

golden shell



ウチのツリーのテーマカラーは、 ゴールド&ワインレッド&クリーム の3色なのでね~。

ゴールド系の飾りでかわいいものがあったら 即、 「 買い 」 です。

( これも、 T.J. でした。 もう言わなくても皆さんおわかりですね。 )



ツリー以外の場所も、あちこちが Christmas !

暖炉も ↓ こんな風に変身。

fireplace



下に置いてあるポインセチアは作り物です。 

本当は本物のほうがいいのだけど、去年ハナぴ~がポインセチアの葉っぱをかじって

中毒症状をおこし、下痢と嘔吐でそれはそれはかわいそうだったので。


でも、作り物には見えないほどよく出来ているんですよ~。



joy



暖炉の上の飾りの中には、今年新しく買ったものがいくつかあります。

バックに置いてある、緑&赤のかわいいビーズの飾りや、 JOY というスペルの

「 ストッキング ( 靴下 ) 掛け 」 。


reindeer


トナカイたちは、前々から我が家にいる長老さんたちですけどね。



T.J. で発見した、クリスタルがいっぱい付いた銀色のツリーも今年のお気に入りです。

9.99ドル!   ( いちいち値段言わなくていいって? )


glittering tree





ルイビルはここのところ雨続きで、気分がドンヨリしがちなのだけど

ツリーの灯りをつけ、キャンドルを灯し、クリスマスソングをかけるとウキウキしてきます。

やっぱりいいなぁ、この季節。


アメリカ人の人たちは、クリスマスショッピングに奔走していて大変そうですけどね。

クリスマスショッピングというのは、自分の子供たちだけに限らず、家族や友人知人に

贈るプレゼントを買うこと。



chihuahuas in Lou




身近な人ほとんど全ての人にプレゼントを買わなくてはいけないので

この時期、ショッピングセンターはごったがえしています。

週末なんて、もう駐車場がいっぱいいっぱいになるくらい。

遠く離れた人にはプレゼントを郵送するので、郵便局も長蛇の列です。



made in Germany





学生時代にオレゴン州にホームステイしたときに、日本の商業主義的な表面だけの

クリスマスと違って、本場クリスチャンの国アメリカのクリスマスはいいなぁ・・・って

言ったらホストマザーが、

「 昔は良かったけど、最近はこうやって皆にプレゼントを買わなくちゃいけない大変さの方が

勝っちゃって、以前ほどクリスマスを楽しみに思えなくなってしまったわ。 」 と

ぼやいていたのを思い出します。




funny face

ハナぴ~、変なカオ。




ということで、アメリカも商業主義的になりつつあるのかもしれません。


私はクリスチャンではないけど、とにかくクリスマスの雰囲気が大好き。

アメリカで安く手に入るたくさんのかわいくて素敵な飾りを、ついつい買い集めてしまいます。

日本に本帰国するときに、荷物が増えちゃって大変になるのは

経験済みでわかってるはずなのにねぇ・・・。


なるべく物は増やさないように努力してるけど、クリスマスだけは別なの~!!!


・・・現在日本出張中の旦那さんがこれ見たら、 「 また買ってるのかぁっ! 」 と

怒りそうだわ ( 笑 ) 。





あまりに長い日記になったので、 < 今日の英語 > はお休みします。

あ、でもマージャンもちゃんと ( ? ) やってるし、 ESLにもまだ通っていますので

ご心配なく。




*****北米ブログランキングに参加してます・・・が、ひょえ~、277位。 

banner red










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。