チワワs in Ann Arbor
アメリカのミシガン州デトロイト近郊の街、アナーバーでの駐在生活。チワワのハナとマロのことや、日々の暮らしについて綴っています。ホームステイ&留学で培った英語力を活かして、地元密着型のアメリカ生活を送るのが好き。2009年1月、長女リサ誕生。

   
プロフィール

Emi

Author:Emi
* * * * * * * * * *
2006年8月から、
結婚して2度目の米国駐在中。
08年5月にKY州ルイビルから
MI州アナーバーへと
引っ越してきました。
チワワ2匹を連れて。

長年の不妊治療の末、
ルイビルでのIVFによって妊娠。
2009年1月、アナーバーにて無事に出産しました。

詳しいプロフィールは、カテゴリ内の
「自己紹介」をどうぞ。


2007年4月以前のブログは、こちら↓
過去ログ チワワ in Louisville



全記事タイトル一覧表

全タイトルを表示



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



*



アクセスカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シメはラスベガスで


今回の旅のメイン・イベントだった THE WAVE を見ることができず
ガッカリでしたが、すぐに気をとりなおして
最終目的地のラスベガスへGO!

3日間滞在したアリゾナ州Pageの町から、ネバダ州のラスベガスまでは
車で約4時間半。


骨盤への圧迫を少しでも軽減するためと、血液の循環のために
30~40分おきの休憩を欠かさず、


途中、巨大な岩山の間を走ったりしながら
road to las vegas

たどりつきました、ラスベガス。



まずは、夫婦そろって大好物! の 
IN-N-OUT ( イン & アウト ) バーガーヘ。
in-n-out



西海岸の、それも南のほうにしかないチェーン店なんですよ。
ここのハンバーガーは最高!
店員さんたちもキビキビとしてて気持ちがいいし。


あぁ、久しぶり・・・。 会いたかったよ~。
in-n-out2

私はチーズバーガーを。
旦那さんは、隠れメニューの 「 アニマルスタイル 」 で。

バンがサクッと焼かれていて、お肉もお野菜も新鮮!
何個でも食べれそうだよ~。
アメリカに住んでいても、西海岸南部に来た時にしか食べられない
貴重なバーガー。
またしばらくの間お別れです、うぅっ。


今回の宿泊先は、パリス・ホテル。
paris hotel



私にとっては3回目のラスベガス。
( 夫にとっては・・・何回目か数え切れないそうです。 )
前回は、実母と義母と一緒に西海岸の国立公園めぐりをした
最終日に来て、やはり同じパリス・ホテルに泊まりました。

そういえば私の母も、IN-N-OUTバーガーにえらく感激して、
「 美味しい 」 を連発しながらペロリとたいらげていたっけ。



夕暮れ時。
paris hotel2




一番上から2番目の、29階の素敵なお部屋に 
無料で 泊まることができました。

なぜ無料だったか?
それは、カジノ好きなうちの夫が、今まであちこちのシーザーズというカジノで
たくさん遊んでポイントを稼いでいたからです。
そう、飛行機のマイルと似たようなシステム。
ポイントがたまっていたシーザーズと同じ系列のパリス・ホテルでの宿泊が
1泊タダになった、というわけ。


こんな素敵なお部屋にタダで泊まれるなんて~。 私好みのインテリア。
paris hotel3




テレビもでっかいよ~。
paris hotel4



妊娠中の私の体を考慮して、最終日は旅の疲れをゆっくり癒してほしいと
こんなに素敵なお部屋をとってくれた旦那さん。
感謝です。




パリス・ホテル内の1階。 左側はずっと奥までカジノが続いてます。
paris hotel5



そうそう、この辺りを歩いていたら
芸人 ( ? ) の西川のりおさんとすれ違いました。
あんまり自慢にならないか ( 笑 ) 。



ホテル内のショッピング街。
paris hotel6
フェイクの青空が、横浜のラーメン博物館っぽいよね。



ディナーは、有名だというホテル・ベラジオのビュッフェを。
1人40ドルとちょっとお高いけど、やっぱり質が高くて何を食べても美味しかった!
特にデザートが♪



食後は、ホテル・べラジオの前の噴水ショーを楽しませてもらいました。
ちょっと斜めからですけど、動画でどうぞ。

※ 音が大きいのでご注意ください。






この後、宿泊先のパリス・ホテルに戻りましたが、そこからは夫婦別行動。
夫はホテル内のカジノへ。
私はちょっとウィンドウショッピングをしてから早々に部屋へ。
ゆっくりシャワーを浴びて、部屋の大画面で映画鑑賞~。

その間夫は、大好きなCraps ( クラップス : サイコロを2つ投げるテーブルゲームです )
を、延々と・・・。
夫が部屋に帰ってきたのは、翌朝の6時でした!
今回は勝てなかったみたいだけど、楽しめたようなのでよかった。


ホテル内にあるクレープ屋さんで、朝食。
crepe at paris

しっとりもっちりなクレープ、久しぶりです。
モツァレラチーズとハム入り、バジル乗せ、のご飯系クレープを食べたんだけど、
甘い系のクレープも食べちゃいたかったな~。



こうして無事、今回の旅が終わりました。

今までアメリカ国内&国外、ガンガン旅行に行ってきた私たちですが、
今回の旅を最後にしばらくはおあずけ。



2匹はオヤツをおあずけ中。
waiting for treat




「 目指せアメリカ50州制覇! 」 は
残すところあとハワイとアラスカの2州ですが、制覇するのは
ちょっと先になってしまいそうです。



ま、のんびりいこうや。
sun bathing




***2つのブログランキングに参加しています。

h&mbanner

47位。 のんびりいこうや。

yardbanner
こちらは3位のまま。






スポンサーサイト

幻の THE WAVE


そもそも今回の旅行の目的は、
地図にも載っていない、知る人ぞ知る、 
THE WAVE を見に行くことでした。

この THE WAVE とは、アリゾナ州にある国定公園、
Vermillion Cliffs の中にひっそりと存在している摩訶不思議な地形。


vermillion cliffs


THE WAVEまで行くと、 ↑ この写真のウェーブの部分が
山 ( 丘 ) の上から下まで全部を覆っているらしいです。



日本のテレビ番組 「 世界一受けたい授業 」 の中で
講師役の米国人カメラマンが、
今まで撮ってきた中で一番の絶景、と紹介していたのを見て
初めて知りました。

THE WAVE を見に行くトレイルは、
1日に20人までしか歩くことを認められていません。
毎月実施される抽選 (ネットで応募) で選ばれた10人と、
当日現地での抽選で選ばれた10人の、合わせて20人。

うちの旦那さんは、このWAVEの存在を知ってから半年間、
毎月インターネットで抽選に応募し続け、ようやく当たりました。




旅の最初の頃の写真。 車窓から。
view from window




そんな風にして手に入れた念願のWAVE行きだったのですが、
前日出血した私は、お腹の子のことを考えて断念。
旦那さんにカメラを託して、自分はホテルで待つことにしました。

もともと、WAVEまでのトレイルは片道5キロ、往復10キロという長距離コース。
しかも、トレイルとは名ばかりで、ゆるやかとはいえ少々のアップダウンがある
道なき荒野 ( 岩肌 ) を歩いていかなくてはならなかったので、
出血がなかったとしても、ちょっと自分には厳しいかなぁ、と思っていました。

波打つ不思議な景色の中で、ちょっと出始めたお腹をかかえて
旦那さんとツーショットを撮りたかったんだけどね、ほんとは。





旅の最初の頃の写真 その2。
on the road





日中は暑さがキツイことを考慮し、日の出とともに歩き始めるつもりで
朝5時にホテルを出た夫。
託したカメラに映し出される写真を楽しみに、
私はホテルの部屋でゆっくり朝食をとりながら
朝のニュース番組を見て待っていました。
そうしたら、8時ごろ夫が帰ってきた!   でも・・・早すぎない?


夫 「 ダメだった、行けなかった。 」 


私 「 えええええ~っ なんで~っ?! 」


WAVE行きのトレイルの出発地点にさえ辿り着けなかったのだそうです。
理由は、前日に降った大雨のせいで出来てしまったクリーク ( 小川 ) 。
トレイルの出発地点まで、約8マイルの未舗装道路が続いているんだけど
その途中に深いクリークができてしまっていて
どうしても車で突破できなかったとのこと。


許可証と、写真入りの地図を手に 「 ガッカリ 」 を表現してくれた夫。
wave

( WAVEまでのトレイルは、特に道しるべがないので
  この ↑ 写真入りの地図&説明書しか頼るものがないんです。 
  すごいワイルドですよね~。 )



「 1人で抜けがけしないで、家族3人で来なさい、ってことだな、こりゃ。 」 と
旦那さんは笑っていました。
いつか娘を連れて3人で来よう、って。
犬もOKのトレイルだから、ハナまろの2匹も一緒に来れたら最高だな~!



しかし、地図にもガイドブックにも出ていない、1日20人までしか入れない、
道しるべのない荒野を歩いていかないと見られない・・・に加えて
さらに今回、トレイルに辿りつくまでにも難所があることがわかって愕然としました。
恐るべし、THE WAVE。

どなたか行ったことある方、いらっしゃるかな?
うらやましいです。
いつか我が家も再び挑戦します!




***2つのブログランキングに参加しています。

h&mbanner

やっと50位以内に戻ってきました。

yardbanner
1つ上がって3位。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。