チワワs in Ann Arbor
アメリカのミシガン州デトロイト近郊の街、アナーバーでの駐在生活。チワワのハナとマロのことや、日々の暮らしについて綴っています。ホームステイ&留学で培った英語力を活かして、地元密着型のアメリカ生活を送るのが好き。2009年1月、長女リサ誕生。

   
プロフィール

Emi

Author:Emi
* * * * * * * * * *
2006年8月から、
結婚して2度目の米国駐在中。
08年5月にKY州ルイビルから
MI州アナーバーへと
引っ越してきました。
チワワ2匹を連れて。

長年の不妊治療の末、
ルイビルでのIVFによって妊娠。
2009年1月、アナーバーにて無事に出産しました。

詳しいプロフィールは、カテゴリ内の
「自己紹介」をどうぞ。


2007年4月以前のブログは、こちら↓
過去ログ チワワ in Louisville



全記事タイトル一覧表

全タイトルを表示



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



*



アクセスカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分の名前の絵本


週に1度集まっているママ仲間の一人、クレアから
とってもいい物の存在を教えてもらい、大興奮した私は
その日のうちにオーダーしてしまいました。

そして、完成して今日届いたのが、コレ。



my very own name


MY VERY OWN NAME という題名の本です。
日本語にどう訳して良いのか難しいけど、
私の、私自身の、とっておきの名前・・・みたいな感じ?


この本は、リサの名前を動物たちが作ってくれるというお話になっています。


* ☆ *


2009年1月4日 ( リサの誕生日 ) に、そのニュースが広く知れ渡りました。
『 ねぇ、聞いた? 』 動物たちは口々に言いました。
『 女の赤ちゃんが生まれたんだって 』
『 その子のために、パーフェクトな響きの名前を作ってあげないとね 』 
my name2

『 名前を綴るには、我々がお気に入りの文字を選ばなくちゃいかんな 』
と、賢いフクロウが、赤ちゃんを嬉しそうにみつめながら言いました。




頭から靴まで点々で揃えたてんとう虫 (Ladybug) が言いました。
『 ここに使える L があるわよ! 』
L





『 ちょっとすいませ~ん、I は使えますか? 』
しゃくとり虫 (Inchworm) が小さくため息をつきながら言いました。
I





リス (Squirrel) が高い木の上から叫びました。
『 僕が絶対にはずしたくないSを持ってきたよ 』
S






『 ふ~っ! 』 苦労して1日中歩き回っていたアリ (Ant) が言いました。
『 このAを運んできたから休憩させてちょうだい 』
A



* ☆ *




こんな具合に、そのアルファベットで始まる生き物が
Lisaというスペルを完成させるために、次々と文字を運んできてくれます。


よくできているなぁ、と思うのが、全てのページにおいて
それぞれの文章が、ちゃんと韻を踏んでいること。

例えば、Sを持ってくるリスのページは
The squirrel yelled from the lofty treetop,
"I'm bringing an S that I don't want to drop!"
なんだけど、treetop と drop が韻を踏んでるでしょ。



その後、同じようにしてミドルネームのAnnも完成させてくれて
ANN



『 Lisa Annは素晴らしいスタートだ ・・・ だけど、みんな、
  次はラストネームを綴らなくちゃ ・・・』
lisa ann


こうして、フルネームが完成し、最後のページには




『 Lisa Ann ○○ は素晴らしい響き!
  今までに見たこともないほどパーフェクトな名前だよ 』

my name book
↑ここでもちゃ~んと韻を踏んであります。

『 今日の任務は完了。 みんなで歌って踊って、足を踏み鳴らそう! 』

my name book2



・・・と、まぁ、こんな感じです。

自分の名前の絵本なんて、素敵じゃないですか?
本を楽しめる歳になったら、ぜひ何度も読み聞かせてあげたい。
喜んでくれるといいな。



一番最初のページには、
『 この本は、Lisa Ann ○○ のために特別に作られました 』
  
『 あなたの人生がたくさんの幸せで満ち溢れますように!
  愛を込めて  パパとママより 』 と書いてあります。
my name


贈る言葉はいろいろ選べるし、Mom and Dadではなく名前を入れることもできるので
親戚の方や、お友達のお子さんへのプレゼントとしてもいいですよね。
ネットでオーダーできて、2週間くらいで完成して届きます。
$29.95 ( 約3000円 ) というお値段も、ほどほどで嬉しい。
( ミドルネームを入れる場合は、$4.95追加 )


サイトはこちら →http://www.iseeme.com/



他にも、同じようなスタイルで、名前を使ったおとぎ話の本もあるので、
それはリサの1歳のお誕生日にでもプレゼントしようかと思っています。
( Happy 1st Birthday!  とかも入れられるようになっているので。 )
そっちはもっと女の子向け、って感じ。
妖精たちがアルファベットを運んできてくれるようです。



リサにこの本を読んであげる日が待ち遠しいなぁ。
どんな反応を示すんだろ?




will she love books?





***2つのブログランキングに参加しています。
   応援クリックなどしていただけると非常に嬉しい。


h&mbanner



yardbanner


スポンサーサイト

ありゃりゃ・・・


最近のリサは、うんちを2~3日ためこんでから
一気に大放出することが多い・・・。



お風呂に入る前、パパに抱っこされて。
muchimuchi





昨日の夜も、オムツから大量にもれて
お腹の上のほうにまでビッチリ。
もちろん洋服にもベットリ。

どうにもなんないので、オムツと肌着を身に着けたまま
シンクへ直行し、洗い流しました。



お風呂に入るときは、いつもこのクマさんをお腹にかけてます。
teddy mitten
BABY GAPで買ったタオル地のミトンで、本当は体を洗うためのものなんだけど
体を洗う用としては、ちょっと使いにくかったので(^^)。





もうちょっと「小出し」にしてくれないかなぁ・・・(笑)
この時期の赤ちゃんには、よくあることなんでしょうかね。




ところで、今日のタイトルの 「ありゃりゃ・・・」 は、
この 「ためこみ大放出うんち」 のことではなくって、
実は、 哺乳瓶を嫌がるようになってしまったことなんです。



3 babies



母乳育児が軌道に乗って以来、週末だけ夫に哺乳瓶で与えてもらってました。
中身は、搾乳した母乳です。
しかし、ルイビルに行った週末にそれを怠り、
2週間という間があいてしまったのがいけなかったのか、
それから哺乳瓶を嫌がるようになってしまって。


本当にお腹がすけば必死になって飲むだろう、と、
しばらく泣かせてみても、やっぱり駄目。
首を振って拒み、手で払いのけるような仕草までする始末です。
「舌を使う練習になるから良い」と本に書いてあった
スプーンで与える方法を試してみても、大泣き。

ピジョンの「母乳実感」じゃなくて、
楽~に飲めるアメリカの哺乳瓶もトライしましたよ。
でも、ダメ。


困っちゃったなぁ・・・。


これじゃ、夫に面倒をみてもらうことができなくなっちゃう。
それより何より、たぶん、哺乳瓶で飲ませることを楽しんでいる夫が
寂しがるんじゃないかな。




3 babies 2




今日、FIRST STEPSで相談したら、お母さんの一人が
「 1日10分ずつでもいいから、毎日練習すると飲むようになるはずだ 」 と
教えてくれたけれど、本当にまた飲んでくれるようになるのでしょうか。


生後間もない頃は、飲むのが楽チンな哺乳瓶の方に慣れてしまって、
おっぱい離れを心配していたくらいなのにっ!
こんな日が来るとは思ってもみなかったよ、とほほ。
あんなにゴクゴクと飲んでいた哺乳瓶を嫌がるようになるなんて・・・。

毎日・・・とまでいかなくても、せめて
数日に1回は哺乳瓶で飲ませる、というのを続けるべきでした。
あ~、失敗。




***2つのブログランキングに参加しています。
   応援クリックなどしていただけると非常に嬉しい。


h&mbanner



yardbanner





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。